一級建築士事務所 アーキラボ・ティアンドエム
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 近況を、個条書きで。 | main | 見学とアサガオ >>
千歳の中庭へ
ブログ更新できる人を装ってみます。

前回、アップできなかった写真をいくつか。


メンテナンス週間が続いていた件。窓周りの冬にできなかった作業でした。


日帰り稚内の件。新しくなった駅を見に行ったのでした。


農園の実りの件。何かとできていますが、これは昨日収穫した黄色いトマト。ほかには、赤いミニトマト各種、ズッキーニ、ししとう、なす、ピーマン、きゅうり、ルッコラ、サラダ菜、シソ、バジルなどが生い茂り、猫はすっかり歩く場所を失っています。

そして先週末は千歳の中庭へ。現在設計中の2組をご案内しました。


自分の家は千歳の家や光井戸の家、光庭の家、栗沢の家のおかげでできていて、どの家が欠けても自分の家はできなかったと思うから、他の人にもこの感覚を味わってほしいとおっしゃり、快く内覧にご協力くださるクライアント。感謝感謝でございます。

裏にも住宅が建っていましたが、影響を受けず快適さを保っていました。

後日、千歳の中庭のクライアントからいただいたメールに、これから家を建てる人へのメッセージがありましたのでご紹介。

「大坂さんの作品を見るとクライアントの人は、個性的で、奇抜で、お洒落な人と思われるでしょうが、いたって普通の人と言う事もお伝えください。こういうところでいろんな人が建築家の家を建てる機会を失っているのはもったいないと思います。」